rule:rank

ランクマッチ

マッチングについて

「日本」だとマッチングしづらいため北米もしくはヨーロッパでのマッチングを推奨
時間帯によりプレイヤー層が代わるため、自分と相性のよい時間・サーバーを探ることも大切。

Tire

ランクマッチには次のティアがあり、初回5戦(認定戦)により分類される。

・ブロンズ(Bronze)
・シルバー(Silver)
・ゴールド(Gold)
・プラチナ(Platinum)
・ダイヤモンド(Diamond)
・マスター(Master)
・グランドマスター(Grandmaster)

ブロンズからダイヤモンドまでの各階層には5つの部門(Division)があり、勝利すると獲得できるTriumph Points(TP)が100に達すると、次のディビジョンに昇級できます。
Divisionは5→1が上位
1の状態で昇進すると次のティアに昇級できる。(プラチナ1 → ダイヤ5)
マスターが最高位でTPが最も高い100人がグランドマスター部門に配置されます。

プレイ条件

ランクマッチをプレイする為には条件があり、その条件はプレイヤーレベルが15以上で、14キャラ以上を所有している必要があります。

認定戦

認定戦後のTierとDivisionについて、公式では勝率“だけ”を元に算出しているとされていますが勝率と敵のキル数を算出してる可能性高く、サポートチャンピオンばかり使っていると実際に同じ勝率でも結果に大きく差がつきます。

もし低いTierになっても、その後の昇進で「飛び級」で適切なランクに配置されるので継続してのプレイを推奨します。

パーティ

認定戦
2人でパーティを組めます。

ブロンズ〜ラチナのいずれかに配置されている場合
5人パーティを組めます。(すべてのパーティーメンバーがブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナのいずれかである場合に限ります。)

ダイヤモンド、マスター、グランドマスター
二人PTを組めます。
ダイヤモンドプレイヤーは、プラチナ以上のプレイヤーとしか二人パーティーが組めません。
マスター、グランドマスタープレイヤーはダイヤ以上のプレイヤーとしか二人パーティーが組めません。

ランクマッチで敗北するとTPが減少し 0TPで負けると低い部門に降格します。少なくとも5試合をプレイするまでは0PTが継続し降格しません。
プレイヤーは降格時に70TPに設定されます。

報酬

ランク戦をプレイする過程でランクシーズン特有の特典を受け取ることがあります。

BANのシステムについて

・ランクマッチでは両チームで同じチャンピオンを選択することはできません。
・両チーム交互に2キャラづつBANするチャンピオンを指定します。
・その後、上位のプレイヤーから順番にキャラをピックしていきます。
・並び順は、上位のプレイヤーほど先にになります。

ピックについて

・下位プレイヤーは、認定戦中のプレイヤーが配置することもあります。
・上位3名でロールをバラけるようにピックするなど勝率を高めるための工夫が必要になります。

大まかな目安について

・ゴールド〜
特定のロールを使用できる。

・プラチナ〜
複数のロールを使用でき編成に合わせて使い分けができる。

・ダイヤ〜
複数のロールを複数キャラで使用でき、状況によりカウンターピックを適切にピックできる。

・マスター〜
状況判断に優れ、優位な試合展開を獲得できるチャンスをより多く作り出せる。

rule/rank.txt · 最終更新: 2019/10/07 15:45 (外部編集)